スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウサ狼の悲恋』

2008年05月18日 20:38

あるところにウサギの心を持って狼の姿をしている青年(ウサ狼)が居た。
ウサ狼は狼の仲間とは共に過ごすことができず、いつも一人だった。
00002258.jpg


彼はある日、白兎に恋をした。
しかし、姿が狼なので彼女に近づけない。
いつも遠くから白兎の姿を見つめていた。
ウサ狼にはそれだけで満足だった。
00002257.jpg

ある時、一人で花畑を見つめているウサ狼に近づくものが居た。
白い狼の娘だった。
00002259.jpg

その狼の娘はウサ狼に恋心を抱いた。
00002266.jpg

狼の娘に求愛されてもウサ狼の心は動かず白兎に憧れる。
(でも、いくら憧れても白兎に近づけば逃げられる…)
ウサ狼は同じ狼の娘と一緒になろうとも考えるが、どうしても心が動かなかった。
00002269.jpg

狼の世界では、愛しい人に食べ物を送るのが愛の証。
狼の娘はいろんな動物を捕まえてウサ狼の元へ持ってきた。
ウサ狼はそれを見るのが辛くて仕方なかった。
00002285.jpg

00002294.jpg

「僕が居るせいで…関係ないものにまで迷惑がかかる…」
ウサ狼は自分の存在を否定したくなった。
00002297.jpg

ある日、狼の娘はウサ狼がいつも見つめている白兎に気付いた。
「あれがいいのね?」
00000021.jpg

狼にとって兎は狩りの獲物でしかない。
狼の娘は白兎を狩ってきてしまう…
00002339.jpg

「おいしいよ。これが欲しかったんだよね?」
狼の娘は嬉しそうに話す。
ウサ狼はそれを見て自分の存在を心底呪った。
00002348.jpg

狼の娘にそうさせた原因は自分なのに想い人を殺されたことが重くのしかかり、
狼の娘を憎んでしまう自分がとても嫌だった。
白兎が殺される原因を作ったのも自分なのに…。

 僕 が 居 な け れ ば よ か っ た ん だ

「しばらく一人にしてくれるかな?」
ウサ狼はそういって狼の娘を遠ざけた。
そして、しばらく呆然と白兎の亡骸を見つめていた。
00002402.jpg

「君と笑って過ごせる世界があったらいいのに…」
00002369.jpg

「あぁ、そうだ。君の好きな花畑に行こう」
ウサ狼は白兎の亡骸を抱え、白兎がいつも居た花畑へ向かった。
「やっと傍に来ることができたね」
00002372.jpg

「このまま君の傍で眠らせて…」
そこでウサ狼は静かに自らの命を絶ったのだった…。
00002381.jpg

<<<END>>>
****************************************************
【出演】
ウサ狼:うちの倉庫係
白 兎:雪花
狼の娘:アナンケ
餌食役:子猫
00002353.jpg

衣装協力:mayo
構想協力:小町
(敬称省略)
****************************************************
ご協力くださった皆様(見学者含む)、ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント

  1. 招鬼 | URL | 9q.KjBZc

    泣ける~~。・゚・(ノД`)・゚・。
    くしくも、うちのブログ今回のテーマが自殺だったりするw

  2. +あんみつ+ | URL | WCSj23LI

    (´;ェ;`)

    いい話だぁぁぁ 。゜゜(´□`。)°゜。

    ・・って、初コメント失礼します。。。
    いつもはちらっと見に来てたんだけど
    あまりに感動的な話で 思わず泣けてしまいました (T-T*)
    執事が いい味出してて悲しすぎる><

    次回作も 楽しみにしてます;;

  3. 雪花 | URL | nxB/PJ6Y

    >>マネキさん
    コメントありがとう。
    SSを加工し、文章に貼り付けていく作業中に
    自分で泣いた馬鹿でゴザイマス。

    これは「おはなし」だからいいけど、自殺はイクナイと思います。

    >>あんみつさん
    お褒めに預かり光栄でございます。(執事風)

    コメントは1行でも嬉しいものです。
    いつも見てくださってるとは・・・v

    次回作は悲しいながらもハッピーエンドにするつもりです。
    (まだ「おはなしの素」が脳の片隅に落ちて来たばかりで
     プロットも書いてないですが・・・)

    >>拍手をくださった皆様
    けっこうな数の拍手を頂いたようでありがとうございます。
    また「おはなし」を書くと思いますので、また見ていってくださると嬉しいです。

  4. 焔耶 | URL | -

    思わず書き込み。。。切ない話ですね。+゜(ノД`)゜+。
    「あれがいいのね?」のとこで、ゾクッとしましたぁ;x;
    次回作。のんびりと楽しみにしてます。
    パチパチ☆

  5. 雪花 | URL | nxB/PJ6Y

    >>焔耶さん
    コメントありがとです。
    話を思いついたときから悲しい話になると思ったけど、
    書いてるうちにどんどん切なくなっちゃいました。

    ゾクッときたとか…
    あのセリフはSSを張るときに頭に浮かんで付け足した部分です。
    なんとも言えない恐怖を感じるセリフになったかしら・・・;

    次回作の練り練り頑張ります☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snowjasper.blog37.fc2.com/tb.php/60-f53b7e4a
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。